紙オムツその他 雑貨 販売ブログ” その他情報満載で書き込んでいきます!! 2017年03月
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-58002634-bloom_st-bus_all
    関連記事
    スポンサーサイト
    中国の国営テレビ局である中国中央電視台(CCTV)は毎年3月15日に「3・15晩会」を呼ばれる特別番組を放送する。同番組は政府関連部門と中国消費者協会の共同で、1991年から3月15日に放送しているもので、毎回さまざまな企業を「消費者の利益を損ねる行為があった」として批判する。

     今年の「3・15晩会」では、日本の食品がやり玉に挙げられ、「放射能で汚染された可能性のある食品が中国に流れ込んできている」と伝え、中国のネット上では大きな波紋を呼んでいる。

     3・15晩会はネット通販サイトで販売されている一部の日本製の食品について、「原産地は日本としか書かれておらず、具体的な産地が明記されていない」と伝えた。さらに、中国は東日本大震災に伴う原発事故を受け、日本の一部地域で生産された食品の輸入を禁じているとしながらも、中国の一部ネット通販サイトや実店舗では輸入が禁止されている地域で生産された食品が堂々と販売されていると伝えた。

     中国メディアの生活晨報は17日、少なからぬ中国人が日本から輸入された食品を口にしたことがあるため、3・15晩会の内容は中国人ネットユーザーの間で「大きな反響を呼んだ」と伝えている。

     記事は、中国は東京都や福島県や栃木県、茨城県など10の都と県で生産された食品の輸入を禁じており、正規の輸入であれば原産地証明の提出のほか、放射能検査が行われることになっていると紹介。それにも関わらず、中国国内でこれらの地域で生産された食品が流通しているのは「非正規のルートで中国に持ち込まれているため」、もしくは「偽物」の商品であるためだと紹介した。

     3・15晩会は日本メーカーの製品を具体的に取り上げつつ、輸入が禁止された地域で生産された商品が中国で流通していると批判しているが、これは日本のメーカーが産地を偽装などして流通させているわけではないだろう。日本に滞在する中国人などの間では、日本で買い付けた商品を中国で転売する「代理購入」が流行しており、代理購入のルートで中国に持ち込まれている可能性は否定できないはずだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    中国からのメリーズ問い合わせが
    多いのですが…。

    今は中国の希望価格が
    安過ぎて、取引は難しいと
    思います。
    タオパオ業者も商品の確保や、
    仕入れに四苦八苦されてる
    様です。

    日本の安価商品を
    求めてる中国業者が多いのは、
    承知しています。

    日本のブローカーも
    必死に安価で探されてると
    思いますけど、出来ない事は
    はっきりと伝えた方が良いかと
    思います。

    日本側のブローカーは
    振り回されてますよ。

    歩みよりが出来ない位に
    売価と希望価格の開きが
    有りすぎて、話にはならないかと
    思います。



    月に5本、10本と買いたいと
    お問い合わせを頂くものの、
    希望価格が安過ぎて、
    中国向けには取引は難しいと
    思います。

    日本国内での取引は
    消費税も8%必要なので、
    ご理解下さい。

    500万円の取引では、
    48万円の消費税が
    必要です。

    メリーズは、
    3年前とは状況も変わり、
    高値の取引では、有りませんが
    今度は逆に安値の希望価格が
    増えてます。
    相場感、物流が理解できず
    安値の希望価格で
    振り回されて探し回る
    日本のブローカーも数が多く、
    現状、取引には至らないケースが
    多いかと思います。
    振り回されて嫌気も入ってくる
    頃かと思います。
    思いきって
    止める勇気も必要でしょう。


    安値で買えるなら、
    中国に限らず、他の外国にも
    まだ高く売れてしまう話です。

    時代や状況は変わるので、
    シガミツキは、
    止めておいた方が良いのか?
    目先を変えて、動いた方が良いのか?
    判断のしどころかと
    思います。

    以前に
    このブログでも書きましたが、
    頭数の多いビジネスは
    正直に申し上げて
    頭は取れません。
    独占なんて有り得ない話です。

    数年前までは、
    投資マネーで、メリーズが
    売買されていた時代も
    有りました。
    FRIDAYに記事が出始めた
    頃です。
    wechatで、情報も拡散されていた
    頃です。

    仕入れのしにくい物と
    思うからこそ、仕事に
    なるかと思われるかも
    しれませんが、
    仕入れするには、
    色々な経費も必要です。
    その分、商品の単価も
    上がる訳です。

    物流するにも、何かと
    時間も労働力も必要です。
    全て経費です。

    貿易するには、
    それだけ大変な要素が
    必要になります。

    単純に価格が高い安いで
    ビジネスは成り立たないと
    感じています。

    もう既に過ぎ去った物には、
    魅力は有るのか?無いのか?

    今、中国では
    環境改善に注目が集まっている
    と聞きます。
    環境改善商材は、日本にも
    高品質なものが沢山有ります。

    先に取り組むのと、
    取り組まないとでは
    大きな差が出ます。

    環境改善商材を輸出することを
    考えて見ませんか?





    なかなか、価格の折り合いが
    付かないと悩んでいる方は
    今、多いと思います。

    問い合わせは、
    連日有るのですが。




    以前の騒ぎが嘘の様な
    安値の希望かと思います。
    中国の輸入税金も上がりましたし、
    日本の事情も全く変わって
    しまって以前の様な
    感覚だとお取引対象には
    ならないと思います。

    来週、再来週とメリーズ
    40FTHC2本出します。

    サイズ割合によりますが、
    まだ、出荷余力は有ります。

    宜しくお願い致します。





    メリーズ出荷❗
    どんどん出しましょ❗

    CIF出荷も対応します。

    1100円から1200円位で
    取引希望が増えてますが、
    日本の代理店販売方式を
    海外の方が理解されておらず、
    海外バイヤーの希望価格で探し回る
    無駄な動きをしている
    日本人ブローカーが多い様です。

    他には
    12000ケースのメリーズを
    1パック1200円税込みで、
    案内をしてくる
    アホなブローカーも居ました。

    ご注意ください。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。